2010年07月29日 22:36

名古屋グランパスVS湘南ベルマーレ

カテゴリ:試合結果
名古屋グランパスVS湘南ベルマーレ
の試合結果は、2-1でグランパスの勝ち。




ついに出ました、ダニルソンキャノン!!!



前半ハイライト



後半ハイライト





先回の清水戦の記事で“ダニルソンに期待”と書いていたのですが、その期待にさっそく応えてくれました!
いやー、タイムリーな得点でした。




加入初期の頃と比べると、ダニルソンのクロスやボールの散らしの精度が高くなっています。
確実にチームに馴染んできて、味方の選手の“間合い”も分かってきたのでしょう。
試合数もナビスコ以来、かなりこなしていますので、試合慣れもしてきています。




徐々にダニルソンキャノンの発射数も、そして発射精度も上がっています。
一発目のキャノン砲は元日本代表キーパー都筑のスーパーセーブで防がれてしまいましたが、二発目の“グラウンダーキャノン”は技ありでした。




結局この“グラウンダーキャノン”が試合を決めてくれましたね。




ついに我々サポーターとダニルソン本人が待ち望んでいたダニルソンゴールが決まりました。
リーグ後半の流れを完全に引き寄せた一撃だったと思います。




本職のボランチでのプレーも質の高さが表れてきました。
ボール奪取力、相手のカウンターを抑える動き、サイドチェンジなどのボールの散らし。



どれも良かったです。
今のダニルソンは吉村よりいいかも。




改めて思うのですが、今のグランパスは“巨大な奴ら”が中心のチームですね。


194cm ケネディ(けねでぃ)
191cm 増川隆洋(ますかわたかひろ)
185cm 田中マルクス闘莉王(たなかまるくすとぅーりお)
185cm ダニルソン(だにるそん)
183cm 千代反田充(ちよたんだみつる)
183cm ブルザノビッチ(ぶるざのびっち)
180cm 金崎夢生(かなざきむう)


という顔ぶれ。


「背が高いのでポストプレー専門」として扱われてる巻弟でさえも、


182cm 巻佑樹(まきゆうき)


です。
この中では巻弟は“やや小さめ”、もしくは普通レベルかも。(汗)




181cm 磯村亮太(いそむらりょうた)
※U-18日本代表候補でした。現在19歳。


なんてのもいます。
磯村はどのポジションでも出来るプレーヤーなので、今後に期待。




今試合の1点目は、


   玉田(フリーキック)
 → 増川
 → ダニルソン
 → 増川
 → 闘莉王(ゴール)


という流れでボールにタッチしました。
湘南ベルマーレとしては、デカい奴らに最後まで触らせてもらえずにゴールされた、という感じでしょうかね。




まさに“巨大軍団”です。




名古屋グランパスのデカい主力選手には、皆、




「デカさ」+「特殊能力」




が備わっています。




ケネ = 194cm + ヘディング + 足元スキル  + 鬼ポストプレー
増川 = 191cm + ヘディング + 規格外筋肉
闘莉王= 185cm + ヘディング + 精確フィード + 日本最強DF
ダニ = 185cm + ヘディング + 規格外パワー + キャノン砲
ブルゾ= 183cm + 精確キック + 予想外プレー
夢生 = 180cm + 神パス   + 鬼ドリブル突破




ついでに他の選手の特徴も挙げておきます。




楢崎 = 神セーブ
玉田 = 中盤ドリブル
杉本 = 香車型スピード
巻弟 = がむしゃら + ヘディング
久場 = 大人の足元でキレキレドリブル
マギヌ= 神パス、ポンパス(ポンッと出す得点につながるパス)
三都主= 左サイドのスペシャリスト + 回転クロス
阿部 = 縦パス + 精確クロス + 又抜き突破
小川 = 内申オール4 + フィード・クロス
隼磨 = 内申オール3 + 走力・スタミナ(リーグトップ)
竹内 = 内申オール3ときどき1あり
直志 = ベテラン力(べてらんりょく)
吉村 = 守備父
千代田= 守備兄
花井 = ひ弱な天才
橋本 = 内申オール3 + にやり顔
松尾 = まじめ まじめ まじめ、元太
泰士 = ボールにやさしいタッチ




さて。
今試合のその他の点ですが、金崎も相変わらず終始、いい動きですね。




特に、ボール奪取の回数が多かったです。




グランパスの選手が湘南の選手に体を寄せると、必然的に湘南の選手はボールを取られまいと、向いている方向を変えます。




その一瞬の方向転換のタイミングを突いてボールを奪っていました。
あの“読み”はいいですね。




前回の清水戦の3点目も、そんなプレーから生まれたものです。
普段ゆっくりと力を温存しているタイプの玉田が持っていないものですね。




金崎はあれでいいと思います。
前半から飛ばして全力を出し切って、力尽きたら交代する。




これでいいと思います。
今日の金崎は、コンスタントに効いていました。
つまり、前半も後半も高いレベルで攻撃をしかけていました。




ホント、素晴らしい選手が名古屋に来てくれましたね。




続いて、
チーム全体のディフェンスについての考察です。




今日は右サイドの田中隼磨のところから危ないシュートを打たれていました。
2本ほど、湘南阿部にシュートをくらいましたが、この2本は楢崎がファインセーブ。




しかし、1失点を喫した湘南田原も右サイドからのシュートで、楢崎の右手をぶち抜かれてしまいました。




隼磨と闘莉王とで何度か右サイドを抑えていたのですが、この失点場面は、阿部or増川によるディフェンスラインの調整ミスからでした。
隼磨と闘莉王は上がっていたんです。




残念。




でも、左サイドの阿部は、ディフェンスについて、危なげないプレーでした。
左サイドは、しっかりと名古屋が抑えていたと言ってよいでしょう。




途中出場のブルザノヴィッチ、小川、三都主は、試合状況(2点を先取して逃げ切る態勢)をしっかりと認識していて、きちんとボールをキープして、大事にパス回しをしていました。




地味ですが良いプレーだったと思います。




控えにいて途中交代で入った選手が、アピールしたいからと、無理やり仕掛けてボールを失ってしまうのではなく、キチンとチームの為にキーププレーをした。




とても素晴らしいと思います。




焦らずとも、まだまだ続くリーグ後半戦では、彼らが必要な場面が必ず出てきます。
今の調子で優勝を目指す手堅いプレーをして欲しいですね!




次は7/31に横浜F・マリノス戦。
W杯で活躍できなかった日本の司令塔、中村俊輔がいます。




次回も、“パワプルボランチ”ダニルソンにしっかりと抑えてもらいましょう!




にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ



  


Posted by Rito │コメント(0)

2010年07月26日 18:07

名古屋グランパスVS清水エスパルス

カテゴリ:試合結果
名古屋グランパスVS清水エスパルス
の試合結果は、3-3で引き分け。




得点は玉田圭司の2得点と、金崎夢生の1得点。




光ったのは金崎だと私は思います。
玉田の1点目も金崎のナイスアシストから。




今回の玉ちゃんは、PKをはずしたので2得点は帳消し。。。



玉やん自身も、ブログで「もやもやしたものが残っている」とコメントしている通り、本人も納得していない様子。
ケネディーの連続得点記録6も逃してしまいましたが、玉ぴょんのハットトリックも逃してしまう試合となりました。




玉っちには、




鹿島アントラーズ
ガンバ大阪
浦和レッズ
川崎フロンターレ



などの強敵を倒す、“強敵キラー”になって欲しいですね。
今んとこ、ガンバをリーグ初戦でぶち破ってくれているので、あんな感じの活躍に期待です。



今、チームは、古川キャンプで「前線の流動的な連携」を身につけ、試合でトライしているところなので、そんな時こそ玉さんの足技が活きてくると信じています。




さて。
私はダニルソンにも密かに期待を寄せています。
強いチームには、「偉大なるボランチ」が必ずいて、そのボランチが試合をビルドアップしているからです。



ガンバ大阪には遠藤保仁。
川崎フロンターレには中村憲剛。
浦和レッズには阿部勇樹。
鹿島アントラーズには小笠原満男。



皆、日本代表クラスですね。




そんな大事な”おへそ”であるボランチ。



そのボランチには今、ダニルソンがいるわけです。




リーグの休止&ナビスコカップの終わりごろから、チームへの適応を見せ始めた真っ黒ダニルソン。




今試合もなかなかいい感じの動きだったと思います。
玉田のPKを取ったのもダニルソンのクロスでした。
ダニルソンのゴール前へのクロスって珍しいですね。




三都主の“へなちょこヘディング”も珍しかったですが、
ダニルソンの“決定的なクロス”も珍しかったです。



吉村圭司が骨折でいない中、ダニルソンにはしっかりと仕事をしてもらいたいですね!
(吉村をヤッたのはダニルソンです。。。)



続いて珍しかったものとしては、FW久場光のベンチ入りがあります。
ナビスコ杯にも出ていました。



なぜ巻祐樹ではなく、久場ちゃんなんでしょう?
これには裏があると思います。



思い出して欲しい。
ナビスコ杯でジャジャ負けをした時、ストイコビッチ監督の口から「シーズン後にはサヨナラと言うしかない」という言葉が飛び出したのです。




「一定のグループは、技術的な問題があってJリーグで戦う資格がない」と・・・。



私はこの発言にものすごく興味を持っています。
「今季限りでいなくなってしまうのはいったい誰なんだ!?」
と憂慮している次第です。




この発言は、先の通り2010年6月10日の記事に載っているので、前日9日のアルビレックス新潟戦に出場した選手に間違いないでしょう。



↓これがその試合の出場選手です。
http://nagoya-grampus.jp/game/2010/06092010j7vs.php

スタメン
50 GK 高木義成
32 DF 田中隼磨
2 DF 竹内彬
3 DF 千代反田充
6 DF 阿部翔平
14 MF 吉村圭司
27 MF 花井聖
20 MF ダニルソン
10 FW 小川佳純
17 FW 巻佑樹
38 FW 三都主アレサンドロ

途中出場
9 MF ブルザノビッチ
8 MF マギヌン
19 FW 杉本恵太



この中で放出される可能性があると私が思うのは以下の選手。

竹内彬
巻佑樹
杉本恵太

の3人。この外はトップメンバーなので大丈夫でしょう。




花井聖も若いながらもピクシーから期待されている様なので多分大丈夫。
以前の記事で、ピクシーが、「花井をどうやって使おうかもてあましている」と発言していたしね。




ストイコビッチ監督は「一定のグループ」、「何人か」と発言しているので、複数人です。
となると、

FW 巻佑樹
FW 杉本恵太
DF 竹内彬

のうちの2人、または3人全員!?



杉本は昨年の契約更新時、年俸を劇的に減らされてしまっているので、今年もキツイかも知れません・・・。
昨年は、フロントは放出する気マンマンでしたからね・・・。



巻はよく分らないです。
背の高さを活かす、ヘディングが得意な選手なので、足技がうまい選手ではないと思っています。



あの「お笑い・おふざけキャラ」は、母国の不幸(内戦)やそれに伴う不遇のサッカー人生を歩んでいるストイコビッチ監督にとっては、基本的に「性に合わないキャラ」のはずです。
オシム監督の愛弟子ですからね。ピクシーは。
巻の「おふざけキャラ」は、オシム監督の精神を受け継ぐストイコビッチ監督にはしっくりこないはず。



私事ですが、私個人も母校のバドミントンのコーチを努めて、学生の指導をしていますが、中には「おふざけキャラ」がいます。
練習中や試合中、不真面目な姿勢や態度が抜けきらないんですよね。本人の性格なので。
おふざけや、稚拙なプレーを見るたびに、「なぜもっと真剣に練習をしないんだ!?」と若干の憤りを覚えてしまいます。



久場ちゃんのベンチ入りは、そんな巻へのピクシーの拒絶反応なのかも!?
(非常に厳しいことを言いますが、久場ちゃん自身も、新選手の加入により、今季限りで名古屋グランパスからいなくなってしまうと思います。本人が言うように、ナビスコ杯でまったくついていけていなかったから。)



なので巻祐樹が放出されないか心配です。
背の高いFWをグランパスがGETした瞬間、放出されるのではないだろうか。



徳島ヴォルディスに行ったFW津田(巻と同様のおふざけキャラ)の様に放出されない様に頑張れ巻祐樹!



田中隼磨の獲得により、出場機会が激減してしまったディフェンダー竹内彬も頑張れ!






さて。
来季の放出話はこれくらいにして、清水の選手の評価についてです。



日本代表岡崎はさすがですね。
個人技で得点してしまいました。



小野伸二もテクニックは日本トップクラス。
岡崎へのロングフィードで、いきなりグランパスのピンチです。(汗)



そして、元名古屋グランパス所属のヨンセンも相変わらずうまい。
36歳にもかかわらず現役で活躍しているのは、足もとのうまさと高さが十分に活きている証拠です。



清水エスパルスの今年の躍進は、ヨンセンと小野伸二の獲得が大きいと思います。



グランパスファンの誰もが「なぜ!?」と思った、ヨンセンの放出。
やはりヨンセンはうまかった。



以上です。



p.s.
楢崎、直志、マギヌン、阿部、田中隼磨、闘莉王、増川、小川は相変わらず、レベルの高い動きをしていました。
ではまた。




にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ



  


Posted by Rito │コメント(0)

2010年07月23日 11:56

名古屋グランパスVS大宮アルディージャ

カテゴリ:試合結果
名古屋グランパスVS大宮アルディージャ
試合結果は、1-0で名古屋の勝ち。







前半、隼磨の前線での頑張り&丁寧なつなぎからダニルソンのミドル。
右サイドで金崎も調子のいい隼磨と絡んでいい感じの攻めを繰り返していました。







後半の直志ミドルも惜しかったですね。
マギヌンと小川の攻撃的な姿勢から生まれたチャンスでした。




そろそろチームに慣れてきていることを期待されるダニルソン。

ダニルソンは、何度かラファエルとのマッチアップが見ものでした。
大宮のキーマン、ラファエルをしっかりと抑え込んでいたと思います。
執拗なマークでラファエルから完全にボールを奪ったシーンもありましたね。

ラファエルの強さ・速さを、ダニルソンの強さ・速さが抑え込んでいる感じですね。
いい戦いです。




ケネディーのホストプレーでのキープは相変わらず素晴らしい!!
強さ、テクニック、ねばり、身のこなし。
ジダンばりのマルセイユルーレット(ボールをキープしたままクルッと回るやつ)も見られました。(^-^)

今日は闘莉王の帰国明けの頑張り。
そして名古屋の大黒柱ケネディーの渾身のヘディングで休止明けの試合をものにしてくれました!


ケネディーヘディング


ケネディーの↑この飛び込み!完全に横っ飛び!
頭から突っ込んだ“魂の飛び込み”です!





W杯と父親のことで精神的に疲れているであろう闘莉王は、やっぱり名古屋のためにやってくれました!
やったー!!
まさに勝利を呼び込む闘将だ!!!!




万が一負けていたら、闘莉王自身の心が折れていたかもしれない。
でも、自身が勝利を呼び寄せたことで、闘莉王自身、もう一度頑張ろうという気持になっているはず。

そういった意味でもこの1勝は大きい。




楢崎のスーパー“神的反応”セーブもありました!!





にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ




  


Posted by Rito │コメント(0)

2010年07月02日 22:09

吉村骨折!!!

カテゴリ:試合前の状況
日本代表にとってのW杯が終わり、いよいよリーグ開幕を待つばかりとなりました。

W杯を見て、多くのJリーグの選手たちが、
「自分もあんな風に大舞台で活躍したい」
と、モチベーションが高くなっていることでしょう。

そんな矢先!!!!




我らがグランパスの吉村圭司が骨折ーーーーーー!!!!




あああああああーーーーーーーーーーーーっ!!!!




キャンプの練習中に骨折・・・・。



グランパスはいよいよ優勝をかけて後半戦に臨もうとしているのに・・・。
残念無念・・・。

W杯の日本代表の戦術が、「まずは守備を固めてカウンター」という戦術で成功したので、守備がいかに大事かが分かりました。
それなのに守備力が持ち味のボランチが2か月間も離脱とは・・・。


ということは、ボランチは中村直志とダニルソンの2人で回すことになりそうですね。
直志はいいとして、ダニルソンが覚醒してくれるかどうかが勝負の鍵ですね。


吉村圭司や中村直志と比べると、
まだまだムラのあるダニルソン。


うーむ。
こうなったら、前の位置で輝けていない小川佳純をボランチに!

運動量あるんだし、パスも多少は正確だし。
いけるんじゃない?



にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ


  


Posted by Rito │コメント(0)