2012年03月22日 12:17

ACLセントラルコーストマリナーズVS名古屋グランパス

カテゴリ:ACL試合結果
セントラルコーストマリナーズVS名古屋グランパスの試合結果は、
1-1で引き分け。




勝てた試合でもあったけど、
楢さんが3回ビッグセーブをしてくれてなかったら、
負けてもおかしくなかった試合かも。




でも、ホームでは「勝てる相手」だと思います!




今回、またしても阿部ちゃんの頭のところでやられちまったかぁ・・・。




右サイドにも言えることだけど、
ここんとこ、「逆サイドからのクロス」からの失点が多いですね。




「こんな方までボールは来ないだろう」という感じで、ちょっと相手との間が空いているのかな?




やっぱり、長友みたいに、上背がなくとも、ペッタリと寄せるのってものすごく大事ですね。




うーむ。




でも阿部ちゃんは今日、ミドルを2本打ってましたね。
あの2本は良かったです。




あれを続ける限り、いずれは点が入りますね。
特に2本目は良かった。
相手GKの好セーブに阻まれましたが、すごくいいシュートでした。




打てば打つほど、感覚がつかめてくると思いますので、
どんどん積極的に打って欲しいですね。




守備では逆サイドからのクロスに注意。
そして、攻撃のときにはシュートを放つ!




攻撃ではこれからもっともっと点に絡もうぜ阿部ちゃん!




シーズンは始まったばかり。こっからだぜ!




そして、ダニエル&石櫃がいい感じで活躍してくれましたね!




ついに出ました、ダニエルの実力が!




前半の攻め上がりはトゥーさんをも凌ぐドリブルの攻め上がりだったですよね!




あれですあれ。あれがダニエルの凄さ。
右サイド際で一人でドリブルをしかけてスローインをゲットしたり、中央をそのまま一人で突破したりと、凄いです。




前節との増さんとの対比があまりにも鮮やかに出てしまった感じです。




増さん頑張れ~。




やっぱり思った通り、マジでダニエルはヤバいよ。
本気でウマいよ!




うーむ。
今日の試合で、かなりダニエルがスタメン争いで有意に立ったことは間違いなし。




そして、ハードスケジュールが続くときは、
闘莉王が休憩して、「増さん+ダニエル」のコンビも絶対に訪れるはず。




増さん、ここは頑張りどこです!!




そして密かに、我らが巻佑樹もスタメン争いに食い込んで欲しいところ。




FC東京戦の不調だった増さんに対してなら、
巻だってスタメンを奪える可能性大だからね。




やっぱり巻の標的は増さんだ!
頑張れ巻佑樹。




陰でしっかり頑張るんだ巻佑樹!
地道に頑張るんだ!




続いて、いよいよスタメンで出場となった石櫃洋祐。




良かった。今日の石櫃は良かった。




序盤に、得意の「ライナークロス」も一発、見ることが出来ました。




そして、一人で縦へ突破して、コーナーを得ることもできました。




守備も良かったんじゃないでしょうか。




これぞ、日本代表経験者です。




最近のハユさんのクロスもいいけど、
石櫃のクロス&攻めも良かったです。




右サイドのハユさんと石櫃のスタメン争いは、かなり僅差だよこれ。




チームとしてハードスケジュールで連戦をこなしていくにあたって、これはとても嬉しいことです。




ハユさんと石櫃でしっかりローテーション回してくだされ!!




どちらも、調子が悪いとすぐにスタメン落ち。




右サイドはホントにいいライバルが出現ですな。




しかし石びっつぁんよ。
まだ、前節の石川にやられた“借り”を忘れちゃいかんぜよ。




しっかり“倍返し”しておくれよ。




今日の試合、かなり良かったです。




好印象です。




次も楽しみにしています。




いや~。
新加入のダニエル&石櫃の活躍はチームにとって嬉しい収穫となりましたね。




「辛口グラサポ」も、今日の試合でのパフォーマンスを見て、
ダニエルと石櫃を受け入れたんじゃないでしょうか。




以前、ヴィッセルにいた頃の石櫃洋祐について言及しました。




その石櫃が今、名古屋グランパスにいる。




そして、持っている力の片りんを垣間見せてくれました。




嬉しいです。
彼はもっともっとできる選手ですよマジで。




ハユさんが、スーパーな“スイーパー隼磨”と化すことがあるのと同様に、石櫃もヤバいほど活躍する時が来ますよマジで。




最初のスタメンでこのクオリティーなのでこれからもっともっと良くなってくるはずです。
楽しみです。




さて。
遅くなりましたが、今日のゴールは我らが“ボス”、闘莉王。




いや~、トゥーさんウマいね。ゴール前でのあの落ち着いたトラップ&シュート。




マジでウマいですよホント。




シュートというより、「ボールを処理した」という感じ。




ゴール前でもあの冷静な流し込み。最高ですね。




やっぱ、トゥーさんはボタフォゴなんかじゃなくて、
名古屋グランパスで活躍する星の下に生まれているのさきっと。(^o^)




ホント、トゥーさんさまさま。




続いて、最後にじっくり語りたかったのだが、
トゥーさんの得点をアシストしたので、玉田圭司その人のレビューをします。




やっぱり玉田圭司は素晴らしかった。
強かった。




最後まで相手の脅威となっていた。




いい位置でフリーキックをもぎ取り、
そのフリーキックを自ら蹴って闘莉王の得点を見事にアシスト。




「結果を出す男、玉田圭司。」




前節のFC東京戦に引き続き、今試合も“結果”を残した玉田圭司。




強い。




「本当の強さ」とは何か。




彼のプレーがそれを教えてくれる。




彼のプレーが、チームに点をもたらした。




強い。




「玉田圭司」は強い。




怪我の痛みさえも、「玉田圭司」の精神力には勝てない。




怪我の痛みさえも、「玉田圭司」を止めることはできない。




フォーワード、玉田圭司。




日本を背負って、世界と戦ってきた男。




その人はまだ、自身のプレーに全然「満足」していない。
自身のプレーに「納得」していない。




その人の視線は、より“高み”へと向けられている。

再び、「リーグ優勝」へと、そして「ACL優勝」へと注がれている。






さて。

続いて永井&金崎夢生。




永井は今日もしっかり走っていましたね。
最後まできっちり走り抜いて、相手を苦しめていました。




いいぞ永井!




もう少しで点が取れるぞ!




そして金崎夢生。




後半の疲れて来た時にさえ、「縦」に仕掛ける姿がありました。




素晴らしい「闘い」だったと思います。




序盤はいいところでフリーキックをGET。
それと、右サイドの方からのややトリッキーな“鋭角シュート”も良かった。
ちゃんと枠に向かっていた。




いい仕事をしている。だが「惜しい」。
夢生も、得点まであと少し。




「惜しい」じゃダメだ。その「一線」を越えるんだ夢生!




今度こそやるんだ夢生!




続いてケネディー。
母国でも相変わらずハイパフォーマンスだったケネディー。




現状のままでお願いします。




続いてダニルソン。




やっぱダニルソンは偉大だなぁ。




セントラルコーストの選手がフィジカルが強いとか行ってたけど、そんなの忘れちまうほど、ダニルソンは圧倒的なパワーでした。




ただ、ここ最近の、思い切りのよいミドルシュートはどれも枠外ですね。




多少力抜いても十分力があるだろうから、枠に入れて欲しいです。




お願いします。




そして吉村圭司こと、よっさん。




うーむ、よっさんは守備面でちょっとイマイチな部分がいくつかあった気がしました。




いい感じのミドルを打ったり、
後半に前に飛び出す攻撃を見せたりと、いいところもいくらかありました。




でも、中場でよっさんが抜かれると、やはりピンチになりますね。




直志がいない間、よっさんの踏ん張りがものすごく大事。




たのんます!よっさん!




そして、そのよっさんとの交代で入った田口泰士。




なかなか良かったは良かったです。
安定していました。




ただ、「攻め」が弱かったですね。




泰士が入ってから、“最終ラインでひたすら球回し”、
という場面が結構長かったように思います。




まあ皆疲れていて、裏への飛び出しなどが出来なくなったっていうのもあるとは思いすが、泰士がもう少し多めに「攻撃のスイッチ」を入れないといけないかも。




ただただ繋いでいる感じに見えました。




攻撃の組み立てではやはり、磯村の方に軍配があがりますかね。




磯村は、いい感じで攻めて行きますからね。




続いて輝希&田鍋亮太。




輝希は、入って早々、いい仕事してましたね。
ファーストプレーで相手からボールを奪って、ドリブルで持ち上がり、ファールをGET。




「お!入りはなかなかいいじゃねぇかよ、輝希。」




と思いました。




田鍋くんは、あまり印象が無かったです。
時間も短かったですからね。




そして最後にもう一度、楢さん。




今日の試合は、楢さんがいなかったら負けてたかも。




正直やられたとと思ったピンチの時のシュートも、前に飛び出してファインセーブ!




やっぱ楢さんは素晴らしかったです。




過去の楢さんの名セリフに、

 「負け試合を、引き分けに持ち込んだだけです。」

というのがありますが、まあ今日の試合は負けてたとは言い難いですが、
今日もそんな感じの仕事だったのではないかと思います。




終わってみれば、「あぶねぇ~」で済んで忘れがちだけど、今回の3つのビッグセーブはマジで感謝です。




よし。いい感じで試合をこなせましたね。




これでいよいよ、頼りになる淳吾&直志&小川が戻ってきそうな感じ。




選手たちは、オーストラリアから10時間飛行機に乗って帰国するので、
じっくり次の試合に向けたコンディション作りをしていくと言う感じでしょうか。




次の試合の闘いに備えて、ゆっくり体を休めて欲しいですね。


にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ

夢生はこれで花粉症を治してくれ

  
タグ :ACL


Posted by Rito │コメント(0)

2011年03月03日 12:58

杭州緑城VS名古屋グランパス

カテゴリ:ACL試合結果
杭州緑城VS名古屋グランパス
の試合結果は、0-2で杭州緑城の勝ち。



うーむ。流石にゼロックスの3日後&移動があって、疲れていたね。



逆に向こうは元気いっぱいっ子でした。



闘志を前面に出して、動きまくり、プレッシャーかけまくりでした。



やっぱり、ハードワークは技術を上回りますね。



とにかく完敗でした。



増さん、闘莉王、隼磨は終始良かったと思います。



淳吾はほどほどだったと思います。



永井も活躍しきれなかった。



小川、吉村、阿部ちゃんは失点に絡んでしまったのかな。



小川はゼロックス鹿島戦の失点でもゴール前でファールを与えてしまったからね。
やっぱり小川と直志とでは直志の方が上なのかな、と、ここ2試合を見て思いました。



ちょっと、小川の調子のいい時と悪い時の分析をしてみたいと思います。



小川さん。マリノス戦、心してかかろうぜ。
失うものは何もないんだからさ。



俊輔も中澤もいない。



直志に攻撃的MFのポジションを取り返されないための、
最後のチャンスだと思うんだ。



だから自分でドリブルしてシュートを打ったり、
ミドルシュートを打ちまくってもいいんじゃないかな。



ボールの配給やゲームコントロールは淳吾がやってくれる。
だから、「FW型MF」になったつもりで果敢にシュートを打ってみるってのはどうだろう。



淳吾に一言、「今日は自分、打ちます」と一言いえば、
配給しまくってくれるさ。



もういい加減、1対1でぶち抜きに行こうぜ!!!



10点失点するつもりで、1点を取りに行こうぜ!



相手DFの股を抜きまくろうぜ!!!



攻めまくって、やりまくって、ファール取りまくってシュート打ちまくろうぜ!



やりまくろうぜ!



中澤がいない今がチャンスだ!



次のマリノス戦、シュート最低100本な!!!


にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ


  
タグ :ACL小川佳純


Posted by Rito │コメント(0)